nelcoのブログ、nelcoは日々「こんなふうにやっています」。
生活雑記、活動のおしらせなどです。

石鹸づくり
今日は「親子ひろば」へ行きました。
オリーブオイルで石鹸づくり。
ずっと石鹸をつくってみたかったのですが、なかなか機会がないままでした。(ここらへんの話は、今度「紙ねるこ」にかきます。)
先週通りがかった地域のコミュニティスペースで、石鹸づくりのイベントがあるということで、早速予約したのです。

「親子ひろば」は、0歳〜3歳までの親子対象でいろんなイベントを企画しているみたいで、子供の面倒をボランティアの方がみてくれるという話でした。
今日の石鹸づくりへ来た10人ぐらいの参加者のお子さんたちは、1歳半前後の子ばかりで、糸麻が最年少。いつもどこへいっても最年少だなあ〜
名前を聞かれ、「しま 4ヶ月」と書いたシールを背中に貼られた糸麻。

石鹸づくりは、2人1組でやりました。オイルを量ってあたためて、精製水に苛性ソーダを混ぜて、それをオイルと合わせてひたすら混ぜて、混ぜて混ぜて(20分ということだったけど、10分で出来た)、型に流し込んで保温。ここまでみんなでやりました。
あとは各家庭の湿気などにも左右されますが、24時間〜1週間保温して、型からはずせるようになったら、出して、石鹸をすきな大きさにカットして、2ヶ月熟成させると使えるようになるそうです。

一応のつくりかたは、本などで知っていたけど、初心者向けのごく基本のつくりかたで、オイルも初心者向けのものということで、思っていた以上に短時間で簡単に出来ました。
上級者は、数種のオイルをブレンドしたり、すきな香りをつけたり、効能のあるものを混ぜたりと、どんどんオリジナル石鹸を工夫していくのですねー。奥が深い!
先生は、ローズヒップ、チョコレートやチョコミントのおいしそうな色と香りの石鹸をみせてくれました。

お昼は、お弁当持参だったので、みんなで食べました。
その後、少し他のお母さんたちや、先生と話して帰りました。
ボランティアの方に「糸麻ちゃんが一番面倒見るのラクでした」と言われました。まだ動けないし、あまり泣かないからね。

先生の知人で10人の子供を手づくり石鹸で育てている人がいるそうです。
お風呂嫌いの子供に、お風呂がたのしくなるようにと、ケーキの形の石鹸をつくったりしているんだって。10人も育てながら石鹸つくったりしているなんてすごい!って、先生も言ってたけど、その話をきいて、わたしもがんばらねばなーと思ったのです。
http://blog.nelco-web.com/?eid=156283 [ゆみこの生活雑記] comments(0)

コメント








<< NEW | TOP | OLD>>