nelcoのブログ、nelcoは日々「こんなふうにやっています」。
生活雑記、活動のおしらせなどです。

「愛と光」

2017年7月8日(土)


今朝は、じんたは野球の練習に、しまは撮影へ。写真家の原久路さんと林ナツミさんのユニットで撮影している写真のモデル。お二人のInstagramなどで過去に撮った写真は少し公開されています。しまちゃんどーれだ?! 可愛い!! 普段憎たらしさも感じる年齢になったしまを、心から可愛いと思える写真をいつも撮ってくださいます。ありがとうございます。


うちは写真に疎いので、子どもたちのアルバムもぜんぜん整理できてないんだけど、ライブ写真とか動画とか、いつもプロばかりに撮ってもらえてたり、更にこうして可愛く芸術的に撮ってもらえる機会もあって、大変しあわせです。しまも撮影を毎回ほんとにたのしみにしていて、張り切って出掛けて行った。


昨夜遅かったので、わたしは昼まで動けず。
今日はたまに小雨が降る程度で、割と天気は安定していた感じです。


正也が庭の畑の野菜を収穫してきたんだけど、プチトマトが意外と鈴生りだな、とトイレの窓から眺めていたのですが、雨に打たれると割れちゃうんだね…。知らなかった。パックリ割れてるプチトマトがたくさん。それを麺つゆに入れて、昼は素麺を食べました。


夕方、正也とじんたはキャッチボールに出掛けて、わたしはひとり久しぶりに製本作業。「愛と光」の在庫が無くなったので、残りぜんぶ発送できる状態にしてみたら、あと18冊で終わりでした。

 

 

ここ(http://nelco.thebase.in/items/2286919)から買えますので、欲しい方はお早めにどうぞ! 売り切ったら絶版にします。
たまに正也がライブの物販に持って行ってくれてるけど、初めてライブに来て買おうとするお客さんがいると「マニア向けですよ?! ほんとにいいんですか?!」と、購入を踏みとどまらせようとするそうで 笑、それでも購入してくださったみなさん、ありがとうございます。
夫婦が出会ってからのメールのやり取りの一部と当時のわたしの日記で構成されているという、割と? 特殊な本なので、「読み始めたけど、恥ずかしくて最後まで読めなかった」とか、「ゆみこが死んだら読む」と言って、持ってるけど読んでない人もいると聞きました。(いま、読んでよ! 死んでから読んだら後悔するよ!!)
だからか、一応これまで50冊余り売れたのですが、なかなか感想がわたしまで届いてこない。
でも、先日読み返したら心から救われる気持ちになり、完全にわたしは、わたしの為につくったのだな、と思いました。(元は正也の誕生日プレゼントとしてまとめたわけですが。無許可で出版しました。)


わたしはほんとうに文章が下手くそで、何か文章のプロを目指すわけでもなく、15歳の時からミニコミなどをつくったり、1998年から20年近くずっとこうしてWeb日記などを公開し続けているのは、コミュニケーションの苦手さに起因しています。
ひたすらにじぶんの内面を書いて外に出すことで、気の合う人を探しているというか。人となかなか上手くやれない。高校生のときでも、クラスメートとうまく会話出来ず、ビンタしてたくらいで。
わたしの文章を読んで、何か反応してくれて、コンタクトを取ってくれる人と、これまでいつもどうにかやってきた、という人生です。じぶんから動き出すと失敗ばかりなので、誰かが話しかけてくれるのをいつも待っている。


この前、某氏がツイッターで(いま確認してみたらなぜか削除されてたので名前は伏せますが)「飢え死にしてないから食えてる」って言うようなことをツイートしてたんだけど、まさにそうだな、と思いました。わたしも、これで食えてます。食べることに困ったことは、ほんとに一度も無い。ありがたいことです。


夜、撮影終了の連絡があり、しまを迎えに行きました。今日は2,400枚くらい撮ったそう…!
毎度のことですが、撮影の様子を報告してくれるしまが、とても嬉しそうで良かった。久路さんとナツミさんが、ほんとに優しく素敵な接し方をしてくれているのだろうなあ、と思う。帰って来てからもしまがキラキラしてるからわかる。

http://blog.nelco-web.com/?eid=1417230 [ゆみこの生活雑記] comments(0)

コメント








<< NEW | TOP | OLD>>