nelcoのブログ、nelcoは日々「こんなふうにやっています」。
生活雑記、活動のおしらせなどです。

うちのジャムボーイ

いま高校生のときによく読んでた本を読み返している。要約すると「病は気から」的な本です。

当時は何度も何度も読んだはずだけど、きれいさっぱり忘れている。

とても読みにくい本だなあ、と思ったら、新訳版が出てるらしい。そっち読みたい。

この間、正也に身体の声を聴け、って話をしたからか、身体の声関係の本が目について、図書館で借りたりもしてるんだけど、とっくの昔に読んでいて、わたしの根底にはこれがあるんだなあ、という気持ちと、これがあったはずなのに、という気持ちがせめぎあっている。

 

昨日は朝から土砂降り。

この頃寝起き朝一で頭が痛い日が続いてて、涼しくなってきてるのに布団掛けないで寝てるせいだと思うんだけど、雨で気分もどんよりしていた。

正也もなんだかどんよりしていて、そのままだったら一日中ふたりでどんよりするところだったけど、NHKラジオにエンケンが出てて、久々にエンケンのトークとギターと歌を聴いたら、たちまち元気になった。「可愛いがいちばん! 必死は可愛い!」と、エンケンは言っていた。

 

昼に美味しいパスタとピザを食べに行きました。

パスタは正也がつくったほうが美味しいので滅多に外で食べないけど、今日行ったお店はとても美味しかった。たまの贅沢。

 

おやつにピーナッツプリンをつくったんだけど、じんたが「クリーミーすぎる」と言って食べてくれなくて、もうほんとに最近のじんたの偏食っぷりには嫌気がさしているんですが…!

わたしが好きなものつくると食べない。じんたが食べそうなものつくっても食べない。もう料理するのが嫌になる。

 

それで、正也と献立をどうするか話して、常にじんたが食べられるものをストックして用意しておこうとなったんだけど、偏食過ぎるからじんたに合わせると栄養が偏り過ぎるかもしれないと不安になる。そしたら、正也がジャムボーイを思い出せと言った。ジャムボーイは、昔わたしがテレビで見て正也に教えた好きな話。ジャムサンドしか食べない男の子の話。検索してみたら、まとめがあった。(外部サイト→リンク

 

確かにじんたは相当偏食だけど、健康。その後どうなるかはわからないけど。まあそこが心配なんだけど。

ジャムボーイは結局、就職する年齢になって、会社の同僚との会食などのつきあいを考えて、いろいろ食べる訓練?して、ジャムサンド以外も食べられるようになった、というオチで終わっていたはずなんだけど、さらなるその後どうなったかはわからない。またジャムサンドだけの生活に戻ってるかも? 誰か知ってたら教えてください。

 

じんたにあらためて、すきなもの、きらいなものを聞き取り調査したところ、トータルで考えたら思ったほどはバランス悪くはなかった。こちらの把握、努力不足ということなんですね、結局…。がんばります。

http://blog.nelco-web.com/?eid=1417176 [ゆみこの生活雑記] comments(2)

コメント








うちの30になる弟がものすごい偏食。基本肉食。米とそば。食べれる野菜はキャベツ、小松菜、ピーマン、人参、玉ねぎ、芋類とトマトジュースのみ。果物は一切受け付けない。いまも変わらずだけど会食では息を止めてビールで流し込むらしい。

それでも健康体みたいだけど…うちの親は食文化の異なる国の子だと思って育てたらしい…笑 すごいよね、それも。
from. みきtea | 2016/09/19 10:25 |
みきtea
コメントありがとう!
やはり同じく偏食家の旦那さんの奥さんが、夫は外国人だと思って食事の支度してる、って言ってたなあ 笑
ほんと、健康だったらどんな食生活でもいいと思うんだけどね! 最初からそれわかってたらラクなのにね〜
from. ゆみこ | 2016/09/19 11:35 |
<< NEW | TOP | OLD>>