nelcoのブログ、nelcoは日々「こんなふうにやっています」。
生活雑記、活動のおしらせなどです。

こけらおとし
 平井正也です。

しそにぬでのはじめてのライブが決まりました。

日にちはとても急ですが今度の日曜日、9月2日です。

ぼくをどんどん音楽の方へひっぱってくれる友達、ライバル、原田茶飯事くんが
東京からうたいに来てくれます。

時間は昼の2時から。おやつタイムをはさんで5時くらいまでかな〜
のんびりたっぷり。
自分の店でうたうってどんな気持ちなのかな?
わくわくするよ!

うただけじゃなくて、おいしい飲み物をたのしんでもらえたり
手作りの店の雰囲気も全部感じてもらえるなんて、ほんとに夢のようだな。

ぼくと茶飯事くんのライブには「ベレーの神さま、ハンチングの仏さま」というタイトルが
いつもついています。
今回も神さま仏さまの大活躍、ご期待ください!(ちなみにぼくはハンチングの仏さまです)

===============
2012年9月 2日(日) 熊本 南関町 しそにぬ

「ベレーの神さま、ハンチングの仏さま」
出演    原田茶飯事/平井正也
open/start    13:00/14:00
入場無料 投げ銭制

[住所]熊本県玉名郡南関町上坂下3559
[お問い合わせ]080-4206-7815(しそにぬ)

★交通アドバイス★
南関第四小学校向かい、小川縄商店 倉庫敷地内に「しそにぬ」があります。

車で、九州自動車道 南関インターより、約15分。
熊本市内より、九州産交バス 京13系統 南関上町行きに乗車、「坂下」バス停下車、徒歩5分。
(最寄駅はJR大牟田駅になるはずですが、直通バスはありません。)

駐車場は8台ほど。車で南関第四小学校を目指して来るのが良いと思われます。
===============

もう夏も翳ってきて、ぼくはちょっとあせってしまうような、さみしいような気持ちですが
ゆみこにはそういう感情は一切ないらしいです。
涼しくなっていいじゃん!って。

ではまたね。


http://blog.nelco-web.com/?eid=1416742 [平井正也の生活雑記] comments(0)

はるかぜ
マーガレットズロースの春街バンドツアー 2012が終わりました。
ひとことでいうと、いままででね、いちばんたのしいツアーでした。
ああ、いままでバンドでツアーやってて、メンバーとこんなに笑いあったことなかったなぁって思ったんです。
ライブはぜんぜん少ないけど、今のマーガレットズロースは最高だ!

書きたいことはたくさんあるけど、
くわしくはまたの機会にして、
今日はいま全力をそそいでいる
地元、熊本の南関町でのイベントのお知らせを。



今日まで長い時間かけて準備して来ました。
ステージの上にびっくりするようなセットが建ちます!

たくさんの人にお世話になって熊本に移住してこれました。
「はるかぜ」って曲ができました。
大きな感謝とよろこびをはみでるくらい歌にこめて
みなさんに伝えたいです。


☆2012年 4月 1日 (日)
南関町公民館 大ホール
『はるかぜ』

【うたと演奏】 平井正也 、島崎智子
【時間】14時開場 / 14時30分開演
【料金】前売 大人1000円 子供500円 / 当日 大人1200円 子供 600円
※子供料金は小学生から高校生まで。 小学生未満のお子さまは無料。ただし保護者同席でお願いします。

住所
南関町公民館 大ホール
熊本県玉名郡南関町大字関町1324

【問合せ先】
はるかぜ実行委員会
電話 0968-53-3535(稗島珈琲店)

ぼくにメールもらえたら前売りチケットの取り置きもします。
hirai@magazuro.com
まで。

日本中の皆さん!
南関町に来てください。
まじですごいから!!
http://blog.nelco-web.com/?eid=1416695 [平井正也の生活雑記] comments(0)

ちいさな世界でこんにちは
 平井正也です、こんにちは。

ミクシーとツイッターとフェイスブック。
全部やめちゃいました。

これからは「小さく濃く」暮らしていきたいと思って。
それは、いままで出会ってお世話になった人や
まだ出会っていない人たちとは関わらずに生きていくってことじゃなくて
みんなとちゃんとつながっていきたいと思ったからです。
世界を小さくしていくことで、ほんとうにみなさんと出会えるように思ったから。

ツイッター以外はほとんど放置していましたが
やめてしまったら随分すっきりしました。
ばらばらになった自分が戻ってきたような気分!
とにかくフェイスブックの退会の難しさにはまいった!

ちょっともったいないなーとも思ったけど
もしもやめることに躊躇してしまったら
すでに心に自在さを失っていることに気がついた。
イニシアチブが自分にないのだ。
いつの間にか情報に受身になっていた自分。

タイムライン読むよりも、本読んだり、そばにいる人たちと話そう
つぶやくよりも、ちゃんと机に向かって書いたり、そばにいる人たちと話そうと思った。
世界をなでるだけじゃなくて、抱きしめたいと思った。
わくわくしたから、やめたんだな。

これはみんなにやめたほうがいいよって言ってるわけじゃないです。
たのしいことはいいことだから。
おれにとっては、結局宣伝の道具としての意味が大きかったんだな。
そんで意味を失っていった。
みんなやってることやってもきりがないからな。
これからどうやって、おもしろく宣伝していくかはまだわからないけど。
やっぱ手紙?

関東を離れて、熊本県にポップに都落ちしたことと
ひとつながりの出来事なんだと思う。

簡単に連絡取れなくなっちゃって申し訳ないけど
たぶん、いつでも連絡取れると思ってる限り
連絡は来なかったはず。
この機会になにかおもしろい話がある人は直接連絡くださいね。

平井正也
hirai@magazuro.com
まで!

そして春街バンドツアーでお会いできることを楽しみにしています。

=================
 『春街バンドツアー 2012』



★3月24日(土)
梅田 ムジカジャポニカ
マーガレットズロース企画「藪こぎ」 27回目
ゲスト:高木まひことシェキナベイベーズ
オープン 18:00 / スタート 19:00
前売 2500円 / 当日 3000円 (いずれも+1オーダー)


★3月25日(日)
京都二条 nano
クラムラッツ企画 『うたうと変わる 京都編』meets nano8周年
ゲスト:マーガレットズロース
出演:クラムラッツ(山口)、加納良英(and Young...)、YeYe、原田茶飯事
時間:オープン 18:00 / スタート 18:30
料金:前売 2000円 / 当日 2500円 (共に1オーダー別)


どちらもこちらで予約できるようになってます。
http://magazuro.com/mail2/

それと3月23日に予定していた京都100000tでのソロライブは
都合により、神戸ウィンターランドに変更になりました。
ごめんなさい。


ではまた。


http://blog.nelco-web.com/?eid=1416661 [平井正也の生活雑記] comments(0)

おしらせたくさん!!
いわきサイコーです!!が終わるまでは手がつけられずにいたいろいろを
お知らせしますね。

まずは来週のソロライブ。
5月16日は秋葉原グッドマンの15周年イベントに出演します。
「平井正也全身バンド」という名前で、ドラム叩いたり、ベース弾いたりもしながら
ひとりで可能な限りのバンド感を爆発させます。

5月19日は下北沢leteで「平井正也、ただのワンマン」。
最初はライブとライブペインティングを合体させる予定だったのだけど
なんだかそんな気分じゃなくなってきたのと、
全然需要がなさそうな気配を察して、ただうたうだけにしました。
いわきでのことものんびり話せたらいいな。

この後、平井正也もマーガレットズロースも東京では8月まで予定がありません。
どうぞ会いに来てください!


5月の終わりには山口野外イベント、つのしまJAMMIN!!をめざして
西日本をツアーします。
5月27日 広島県三原市 ギャラリー深渊
5月28日 山口県萩市 オニオン座
5月29日 山口県下関市 角島大浜キャンプ場野外ステージ つのしまJAMMIN!!
詳しくはお知らせのページをご覧ください〜


そして6月からは奈良県のパン屋さんでnelcoの作品展を開催します!


天然酵母パン樸木にて
「nelco のTHE BEST 10」
Tシャツ、てぬぐい、絵本、カトラリー、ぬいぐるみ、かばん、おもちゃ、絵など、 いまnelcoが胸おどらせてつくる10種類が一堂に大集合! 樸木さんは2008年の作品展「LIFE」でもお世話になったかわいくておいしいパン屋さんです。



そして6月といえば・・・!



さあ、どっちが平井正也でどっちが渕上純子でしょう?
そして船戸さんはどこでしょう?
今年で3年目の「6がつのうた 〜顔似てますツアー〜」
フライヤーが毎年過激になっていますね。

6月5日には高山のこどものほんやさんピースランドでのライブも急遽決定しました。
こちらも詳しくはおしらせのページをご覧ください〜


6月10日からは四国ツアーがはじまります!
うどん目当てじゃありませんが、もちろんうどんも食べます!
このライブは西日本のみなさんにはぜひ観に来てもらいたいです。
きっと特別なライブになると思います。
4人でライブできること自体をとても特別に思います。

6月11日 丸亀 musicafe マイゴ
6月12日 松山 LE WEEKEND
6月13日 高知 アジア食堂 歩屋
6月15日 徳島 ギャラリー風
6月17日 直島 カフェまるや
6月19日 奈良 天然酵母パン樸木

と、四国を周りながら奈良へとライブが続きます。
はじめての場所、久しぶりの場所、どこもすごく楽しみです。


他にも決まっているライブはたくさんあるのですが、
7月の青森ロックフェス 夏の魔物は出演アーティストがすごいです。
くるり、毛皮のマリーズ、andymori、曽我部恵一BAND、SCOOBIE DO、頭脳警察などなど!!
ぼくはbloodthirsty butchersがとても楽しみです。
「7月」という曲が大好きなんだけど、生で聴けるかもしれない・・・!!

そんなわけでちょっとおしらせページをのぞいてみてください。
近所に行くときはどうぞよろしく!

http://blog.nelco-web.com/?eid=1416626 [平井正也の生活雑記] comments(0)

第1回 いわきサイコーです!!終了しました
平井正也です。
いまぼくは正直言うと、とてもさみしいです。
いわきから帰ってきて、なんだかこころに穴が開いたようになっています。

というのは、「いわきサイコーです!!」があまりにもサイコーすぎたからです。
いわきに来てくれたミュージシャン、お客さん、いわきSONICのみなさん、いわきのみなさん。
みんなみんな素敵なひとたちでした。
ほんとにありがとう。

すぐに日記を書こうとしたけど、帰ってすぐに12時間くらい眠ってしまい
目が覚めたらいわきでのことは夢だったんじゃないかと疑いました。
それくらい楽しかったのです。

今回いわきソニックに集まった人たちはまるでひとつのチームみたいでした。
いまはそれぞれの場所でそれぞれの生活に戻っている現実を、すぐには受け入れられないほど
濃い二日間を共有しました。
おおげさかもしれないけど、ほんとにそう思っています。


具体的にバスが新宿を発車するところから、帰ってくるところまで
ひとつひとつ書いていくにはあまりにたくさんのことがありすぎました。
それでもちょっとずつ書いくつもりです。
でもいまはまだ感傷的になってしまって書けません。
もうちょっと待ってください。


このイベントは続けていきます。
もっとよくしていくために、しなければいけないことはたくさんあります。
ただよかったよかったでは済まされない現実もあります。
それにしても、たのしかった。たのしすぎた。
みんないいライブすぎた。
打ち上げ、すごすぎた。


ふと、なんだ俺たち、いわきに行って勝手に自分たちが楽しんできただけなんじゃないか?
と心配になる瞬間がありました。
帰りのバスでそんなことを言ったら、
みんなが「それでいいんじゃない?」と言ってくれました。

ぼくたちは一緒に悲しい気持ちになりにいったわけじゃない。
地震で大きなものを失った人と同じ気持ちにはなれない。
でも自分たちが楽しむことはできる。
たぶんそれしかできない。
被災した人たちのために、なんて言えない。
ただ自分たちが楽しむだけ。
まだ、そんなもの観る気持ちになれないって人が
ちょっとずつライブハウスに戻ってきて
いつかいわきの人たちでいっぱいになるまで続けて行きたい。

いわきの街は活気があって、みんな前向き、に見えた。
でもきっと落ち込んだ人たちはまだ見えないところにいるだけなんだろう。
いまはいわきから避難している人も大勢いるだろう。
小さなこどもたちは特にいわきから少なくなっている。

早くこどもたちが安心していわきに住める日が来ますように。
街にこどもがいないとつまらないから
ぼくはすこしでも楽しいことをしに行きたいと思っています。

第1回 いわきサイコーです!!サイコーでした。
「サイコー!」「ありがとう!」「サイコー!」「ありがとう!」
こんなにたくさん言ったことはいままでなかった。
みんなほんとにサイコー!みんなほんとにありがとう!
http://blog.nelco-web.com/?eid=1416621 [平井正也の生活雑記] comments(0)

いわき行きシャトルバス 集合場所・集合時間
いわきサイコーです!!いよいよ明日出発です。

いわき行きシャトルバスはまだ若干の空席があります。
夜のライブに参加できないとしても、ただいわきの街を歩いてみたいというだけの人も
もちろん乗車歓迎です。
行きだけ、帰りだけでも大丈夫ですよ〜

【集合場所】
トヨタレンタカー新宿三丁目駅前店
電話:03-3341-2603

住所
新宿区新宿4-2-21
(JR新宿駅南口より徒歩3分、新南口より徒歩2分、地下鉄丸ノ内線・新宿線新宿三丁目駅A1出口より徒歩3分)
URL
http://rent.toyota.co.jp/rental/1-4-1-2.asp?sFlg=6&sCount=&rCode=63601&eCode=048&udFlg=2

新宿高島屋の近くです。

【集合時間】
5月6日 午前 10:45
【出発時間】
5月6日 午前 11:00
(clubSONICiwaki到着時間は15:00頃の予定)
【料金】
片道 2,500円

※往路、復路どちらかのみのご乗車も可能です。
乗車地は基本的にトヨタレンタカー新宿三丁目店一箇所のみを予定していますが
途中SAなどでのご乗車も可能な場合がございますのでお問い合わせください。



まだ参加しようか迷っている方、お気軽に電話ください!
ミュージシャンと一緒に直接ライブハウスまで行っちゃおう〜
リハーサルの間はカレー作りを手伝ったり、いわきの街をぶらついたり、
海沿いの被災地を訪ねてみたり、ご自由にどうぞ!

■予約・問合せ先
電話:08042082604 (平井)
メール: hirai@magazuro.com

http://blog.nelco-web.com/?eid=1416620 [平井正也の生活雑記] comments(0)

いわきサイコーです!!各アーティストの出演日決定しました
 みなさん、いよいよ10日後に迫りました!いわきサイコーです!!
各アーティストの出演日が決定しました。
できれば2日間楽しんでくださいね〜!

『いわきサイコーです!!〜Let’s go to iwaki〜 』

【会場】 club SONIC iwaki

【日程】 5月6日(金)、5月7日(土)の二日間

【時間】
・5月6日(金) 開場18:30 / 開演 19:00
・5月7日(土) 開場14:00 / 開演 14:30

【チャージ】
福島県、その他被災地からご来場のお客様
→入場無料(カンパ歓迎)、1ドリンク500円

他の地域からご来場のお客様
・5月6日(金) 1,000円+1ドリンク500円
・5月7日(土) 2,000円+1ドリンク500円

【5月6日出演アーティスト】
・平井正也 (from 神奈川)
・青森最後の詩人ひろやー (from 青森)
・島崎智子 (from 東京)
・岡沢じゅん (from 長野)
・ザ・ラヂオカセッツ (from 東京)
・大場隆裕 (from いわき)
・中川五郎 (from 東京)
・いわきサイコーです!!バンド (from ??)
(計8組)

【5月7日出演アーティスト】
・平井正也 (from 神奈川)
・宗田佑介 (from 鎌倉)
・anoa (from 神奈川)
・バロン (from 東京)
・マキタ学級 (from 東京)
・無頼庵 (from 東京)
・シュガーフィールズ&Peck (from 東京)
・テクマ! (from 東京)
・MUSIC FROM THE MARS (from 東京)
・ラキタ (from 東京)
・長谷川雄一 (from 名古屋)
・ドブロク (from 東京)
・渕上純子 (from 京都)
・アサトアキラ (from 東京)
・黒岩トキオ (from 東京)
・miwamura (from いわき)
・マーガレットズロース (from 東京)
(計17組)



【バスツアー開催決定!!】
5月6日 11:00 新宿駅周辺出発→ 15:00 いわきソニック到着
5月8日 9:00 いわきソニック出発→ 13:00 新宿駅周辺到着
片道 2,500円

※参加者の人数次第で料金や旅程は変更の可能性あり。
東京から参加希望の方はお気軽に一度ご相談ください。

【宿泊について】
当イベントでは宿の手配はいたしておりません。
いわきで営業中のホテルについてはこのブログの「宿泊」のカテゴリーをご参考ください。

予約・お問い合わせ:
Eメール hirai@magazuro.com
電話 08042082604 (平井まで)


club SONIC iwaki
〒970-8026 福島県いわき市大工町9-2
TEL・FAX:0246-35-1199
http://blog.nelco-web.com/?eid=1416617 [平井正也の生活雑記] comments(0)

いわきサイコーです!!最新情報
 5月6日、7日の二日間、clubSONICiwakiで行われるライブイベント「いわきサイコーです!!」の
第2弾アーティストが発表されました。
さらにバスツアーの開催も決定!
アーティスト紹介の記事も追加されています。
みんないわきさ、行こう!

くわしくは「いわきサイコーです!!」特設ブログをごらんください〜
http://iwaki-saikou.jugem.jp/

『いわきサイコーです!!〜LET'S GO TO IWAKI〜 』

【会場】 club SONIC iwaki

【日程】 5月6日(金)、5月7日(土)の二日間

【時間】
・5月6日(金) 開場18:30 / 開演 19:00
・5月7日(土) 開場14:00 / 開演 14:30

【チャージ】
福島県、その他被災地からご来場のお客様
→入場無料(カンパ歓迎)、1ドリンク500円

他の地域からご来場のお客様
・5月6日(金) 1,000円+1ドリンク500円
・5月7日(土) 2,000円+1ドリンク500円

【出演】
・平井正也 (マーガレットズロース from 神奈川)
・マーガレットズロース (from 東京)
・中川五郎 (from 東京)
・MUSIC FROM THE MARS (from 東京)
・ドブロク (from 東京)
・渕上純子 (ふちがみとふなと from 京都)
・島崎智子 (from 東京)
・岡沢じゅん (from 長野)
・長谷川雄一 (Jaaja from 名古屋)
・テクマ! (from 東京)
・THE SUGAER FIELDS(from 東京)
・PECK (from 東京)
・青森最後の詩人ひろやー (from 青森)
・アサトアキラ (from 東京)
・バロン (from 東京)
・無頼庵 (from 東京)
・黒岩トキオ (ex.シナトラ from 東京) NEW
・宗田佑介 (from 鎌倉) NEW
・ラキタ (from 東京) NEW
・anoa (from 神奈川) NEW
・マキタ学級 (from 東京) NEW
・ザ・ラヂオカセッツ (from 東京) NEW
・いわきサイコーです!!バンド (from ??) NEW
・大場隆裕 (from いわき) NEW
・・・and more!!

※6日、7日どちらの日程に出演するかは決定次第発表します。

【バスツアー開催決定!!】
5月6日 11:00 新宿駅周辺出発→ 15:00 いわきソニック到着
5月8日 9:00 いわきソニック出発→ 13:00 新宿駅周辺到着
片道 2,500円

※参加者の人数次第で料金や旅程は変更の可能性あり。
東京から参加希望の方はお気軽に一度ご相談ください。


予約・お問い合わせ:
Eメール hirai@magazuro.com
電話 08042082604 (平井まで)

詳細はこちら
☆いわきサイコーです!!特設ブログ
http://iwaki-saikou.jugem.jp/

club SONIC iwaki
〒970-8026 福島県いわき市大工町9-2
TEL・FAX:0246-35-1199
http://blog.nelco-web.com/?eid=1416615 [平井正也の生活雑記] comments(0)

ぼくがいわきへ行く理由


どうしてぼくが「いわきサイコーです!!」というイベントをすることになったか、お話しようと思います。
まずはきっかけになった二つのイベントのことから。


4月1日に新宿モーションで行われた「ギブ・ミー・ベジタブル」
というライブイベントは入場料が野菜という、とてもおもしろい企画でした。

もともとは池田社長という友達が、世の中で一般的に使われている
「音楽で飯を食う」という言葉に疑問を持って
「音楽で稼げなくても、うたって直接食べ物をもらえば、
音楽で飯を食うことになるんじゃないか?」
と素敵な勘違いをしたことがはじまりでした。
ぼくはそのイベントの第1回にも出演させてもらって、
お腹いっぱい野菜を食べさせてもらい
文字通り音楽で飯を食ったわけです。

このイベントのツイッターのアカウント宛に被災地のひとつである気仙沼の避難所から
「深刻な野菜不足で、病気になる人も増えている」というSOSが届き、
急遽「ギブ・ミー・ベジタブル 特別編」が開催されることになりました。
普段は集まった野菜はその場で調理され、お客さんも出演者も一緒にいただいて、
食べ切れなかった野菜はギャラとして出演者に配られるのですが、
今回はすべて気仙沼の避難所に送られることになりました。

避難所から連絡があったのが確か3月29日で、
それから実に3日という短期間でイベントが実現し
集まった野菜はダンボール10箱!
それをイベント翌日、なんと主催者の池田社長たちが直接車で気仙沼まで運んでくれたのです。

自分の家にあった野菜(ぼくがもって行ったのはブンタンだったけど・・・)が次の日には被災地に、
そして「地震以来3週間ぶりに野菜を食べる」というよろこびの声が池田社長から届きました。
このスピード感、ダイレクト感にぼくは感動しました。
募金してもうれしい気持ちにはなれないけど、届いた野菜をよろこんでくれたと聞いたら
ぼくはほんとうにうれしかった。

ぼくのツイッターのタイムラインでは、一般人がボランティアのつもりで被災地に足を運ぶことはかえって迷惑になるというツイートが頻繁に流れていたけど
行ってきた池田社長は「まだまだ被災地で出来ることがある」と話していました。

行きたくても行けない場所と思い込んでいた東北が
家の冷蔵庫と繋がった事件でした。

ダンボール10箱は、地震の被害の大きさと比べたら、ほんとうにとても小さいかもしれないけど
こんなささやかで不公平な支援って素晴らしいな、と思ったのです。

 
「ギブ・ミー・ベジタブル 特別編」から3日後、
渋谷のクロールで行われたイベントに出演しました。
ぼくのバンド、マーガレットズロースで手伝いをしていた渋谷くんの企画する
チャリティーイベントです。

最初にイベントに誘ってもらったとき、どんな形で募金を集めてどこへ送るかは
まだ決めていないという話でした。
ぼくはチャリティーイベントにはあまり出たくないと話しました。

チャリティーイベントで募金するのはミュージシャンではなくてお客さんです。
ぼくは募金するタイミングも、金額も、みんなそれぞれの生活にあわせて
自分で決めたらいいと思うので、
あらかじめ決められた金額をライブで募金させるのはなんか変だな、と思っていたのです。

ミュージシャンが募金するにはギャラをもらって稼がないと募金できません。
その上で全額募金するのも自由。しないのも自由。
それは自分で決めればいいことじゃないか!

それに、ぼくがお客さんだったら同じアーティストのライブでも
チャリティーライブよりだたのライブの方が単純に音楽を楽しめると思います。

だから、やるなら収益を全額とか、何割か寄付するとあらかじめ決めるんじゃなくて
安くてもいいからチャージはミュージシャンに、募金は募金箱をおいて、
お客さんの自由にしてやるのがいい、とわがままを言ったのです。

渋谷くんは普段ライブの現場で仕事をしていて、
地震の後相次いでライブが中止・延期になった為に、
仕事がなくなり家にこもっていたそうです。
でも仕事がないなら自分で作ればいい!とライブを主催することを決めました。
だからぼくのわがままも分かってくれて、そのライブではチャージはミュージシャンに、
ドリンクはライブハウスに、募金は募金箱に、という形になったのです。

そしてライブ当日、渋谷くんがすごく素敵な考えを聞かせてくれました。
集まったお金を赤十字などの団体でなく、
東北のライブハウスに直接送りたいといういうのです。
「ギブ・ミー・ベジタブル」で感動したスピード感、ダイレクト感、ささやかで不公平な支援が
ここでも実現するんじゃないかとわくわくしました。

しかし渋谷くんは東北のライブハウスに行ったこともなければ、知り合いもいないといいます。
それならぼくが世話になっているライブハウスがある福島県いわき市が
いま大変なことになっているから話してみようということになったのです。

club SONIC iwakiの店長、三ヶ田くんはあぶらすましというバンドをやっているぼくの友達で
今年の2月に東北をまわったときも、いろんなところで世話になりました。
さっそく電話でこのことを話すと、ありがたく受け取ってくれるということでした。

それなら集まったお金をただ振り込むだけじゃなくて、直接いわきに渡しに行って
そこでライブもするのが絶対いい!と思ったのです。

三ヶ田くん、それを聞いて「ほんとうは地震の後すぐにでも来てもらいたかったけど、
こっちからは声をかけづらかったんだよ」って。

その夜のライブは燃えました。
大変な思いをしている大勢の人たちの為に何ができるかを考えたらとても無力だけど
ぼくの友達の為に何ができるかを考えたら、いろんな考えが次々に浮かんできました。
すごくどきどきしていても立ってもいられないほどでした。

翌朝すぐに三ヶ田くんと話してこのイベントの大枠が決まりました。
「いわきサイコーです!!」というタイトルには
みんなでいわきさ、行こう!いわき再興!という意味が込められています。
後付だけど・・・。


いまいわきに一番必要なものは何か。
三ヶ田くんは言いました。
「ものが壊れたとか、お金のこととかはがんばればどうにかなるけど
風評被害にはがんばりようがない。」

いわきソニックが建っている場所は福島原発から40km。
政府の発表した屋内待機の範囲が、原発から20kmから30km。

様々な情報が飛びかい、いわきから離れた人も少なくありません。
それでもまだいわきに残ってお店を開ける人、
一旦離れてまた帰って来た人。
そんな人たちを苦しめている風評被害とはどんなものか。
いわきで作られたものは、なんと電子部品でさえ売ることができないと聞いて驚きました。

「外からミュージシャンが来てくれることでいわきの人もよろこぶし
いわきでがんばってる様子を帰ってからひろめてくれたら
それが一番いいんじゃないか。それしかない気がする」
と三ヶ田くん。

自分の目で見ること。
とてもちいさいことかもしれないけど、何がほんとうのことなのか
ぜんぜんわからなくなってしまった世の中では、
そんなちいさな足場の上に立ってしかわからないことがあると思います。

放射線は目には見えません。
もしかすると風評は根拠のないものではないのかもしれません。
ぼくも正直、原発はこわい。
でも原発から離れることはぼくにはもっとこわいことのように思えます。

地震の後、原発で事故が起こったとき
西の方の知人からこっちにおいでとたくさん声をかけてもらって
とてもうれしかったです。
うちにはちいさい子供もいるしすごく悩みました。
でもそのときぼくが動かなかったのは
なんとなく直感で、いま行ってもあんまりおもしろくない気がしたから。

東北の友達に東京においでと言ってもガソリンがなくて動けない。
福島の原発は東京の電力をまかなうために動いていたのに
ぼくたちはそんなことは知らないで好きなだけ電気を使って
それで事故が起こったからって真っ先に避難できるだろうか?

と、そんな道理も頭をかすめたけど。結局たよりになるのは直感で
おもしろくなさそうな方には行かないというだけのことなのです。

ぼくはもちろん避難した人を責めるつもりはありません。
もしぼくが安全なところにいたらぼくより危険に近い友達を
なんとしても避難させたことでしょう。
家族を守る立場として、ぼくの判断が正しかったのかどうかはまだわかりません。

だけどこんな狭い日本、東京にいたってこわい。離れたってこわい。
それなら一番近くで一番こわい思いをしている人が
毎日どんなふうに生活しているのか、どんな顔してがんばっているのか、
泣いているのか、笑っているのか。
それを自分の目で見たらきっと何かわかるような気がします。
そして家に帰ってからの毎日がきっと変わっている気がするのです。

そんなわけで「いわきさ、行こう!」と腹を決めて、
すぐに友達に電話をかけました。
なるべく日本のいろんなところから、いわきに来てもらいたくて。
いままで縁のあった人も、なかった人も
これがきっかけに広がっていく縁は、きっとこれからのいわきにとっても
僕自身にとっても大きな意味があるはずです。

ミュージシャンだけじゃなくていろんな職業の人にも来てほしい。
カメラマン、ライター、映画監督・・・
それぞれの目線で見たいわきを表現してもらえたら素晴らしい。

お客さんにもたくさん来てほしい。
いわきのひとはもちろん、福島県のそとからもたくさん!

このイベントはチャリティーイベントではありません。
ただでさえライブがたくさん中止になって、誘われるのはチャリティーライブばかりだと言うのに、
わざわざ危険をおかしていわきにまで集まってくれるミュージシャン
にギャラを出さないわけにはいきません。

でもいわきソニックでは当面チャージ無料で営業を続けるということなので
いわきとその他の被災地からのお客さんは入場無料(カンパ歓迎!)にして
東京やその他被害の少なかった地域からのお客さんからはチャージをいただくことにしました。
ちなみに被災地とそれ以外地域のジャッジは自己申告です!

そしてこのイベントは普段通りいわきのお客さんからチャージをいただけるようになるまで続けるつもりです。
そうならなければライブハウスがつぶれてしまいます。
結局はいわきの人がいわきで働いて、いわきでお金を稼いで、いわきでお金を使うようにならなければ。
そうなるまでにどのくらい時間がかかるかわからないけど、
続けていくためには、外からいわきに来てくれる人たちのちからが必要です。

いわきソニックは元映画館だった建物で、音はサイコー!!
以前三ヶ田くんの企画で、出演が銀杏BOYZ、イースタンユース、友部正人というときにマーガレットズロースで共演させてもらったことがあったんだけど、
あのときくらい人が来てくれたら、しびれちゃうな。


というわけで散々能書きをたれてきましたが、このイベントはどんな考えの人でもたのしいものにしたいです。
原発に対して反対でなければ参加してはいけない、なんてことはありません。
実際参加する出演者の中には原発はどうでもいいけど、うたいたいから行くって人や、
原発は必要だと思っている人もいます。
ぼくの原発に対する考えはまた別の機会にお話しするとして、
とにかくいろんな考えの違いや、それによって起こる摩擦まで、
全部抱きしめる愛のあるイベントにしたいと思っています。

動機はなんでもいいのです。
だけどなにかわくわくするものを感じた人は一緒にいわきに行きましょう。
これがぼくがいわきへ行く理由です。
最後まで読んでくれてありがとうございました。
自分も読み返してみて、不思議な縁だな〜と思います。
自分では何もしていないような気がします。
だけどまだまだすることがある!
とりあえずみんな、いわきさ、行こう!!


http://blog.nelco-web.com/?eid=1416613 [平井正也の生活雑記] comments(3)

いわきサイコーです!!出演者発表!!
 こんにちは。平井正也です。

福島県いわき市でのライブイベント、詳細を発表します。

====================

『いわきサイコーです!!〜LET'S GO TO IWAKI〜 』

【会場】 club SONIC iwaki

【日程】 5月6日(金)、5月7日(土)の二日間

【時間】
・5月6日(金) 開場18:30 / 開演 19:00
・5月7日(土) 開場14:00 / 開演 14:30

【チャージ】
福島県、その他被災地からご来場のお客様
→入場無料(カンパ歓迎)、1ドリンク500円

他の地域からご来場のお客様
・5月6日(金) 1,000円+1ドリンク500円
・5月7日(土) 2,000円+1ドリンク500円

【出演】
・平井正也 (マーガレットズロース from 神奈川)
・マーガレットズロース (from 東京)
・中川五郎 (from 東京)
・MUSIC FROM THE MARS (from 東京)
・ドブロク (from 東京)
・渕上純子 (ふちがみとふなと from 京都)
・島崎智子 (from 東京)
・岡沢じゅん (from 長野)
・長谷川雄一 (Jaaja from 名古屋)
・テクマ! (from 東京)
・THE SUGAER FIELDS(from 東京)
・PECK (from 東京)
・青森最後の詩人ひろやー (from 青森)
・アサトアキラ (from 東京)
・バロン (from 東京)
・無頼庵 (from 東京)

・・・and more!!

※6日、7日どちらの日程に出演するかは決定次第発表します。

【バスツアー参加者募集中!!】
2泊3日のバスツアーを企画しています。
5月6日昼新宿発〜5月8日昼新宿着で往復5,000円(交通費のみ)のプランを予定しています。
※参加者の人数次第で料金や旅程は変更の可能性あり。
東京から参加希望の方はお気軽に一度ご相談ください。



予約・お問い合わせ:
Eメール hirai@magazuro.com
電話 08042082604 (平井まで)

club SONIC iwaki
〒970-8026 福島県いわき市大工町9-2
TEL・FAX:0246-35-1199
====================

今日またおおきな余震がありました。
イベントの開催については最後まで状況を見つつ
慎重な判断をする必要があります。
でもぼくはきっとたのしいイベントになると信じてます。
ぼくが思いつくだけのことが起こるだろう!

http://blog.nelco-web.com/?eid=1416611 [平井正也の生活雑記] comments(0)

| 1/13 | >>